【モータースポーツ】カーレースから学んだ恐怖からの答え

Tsuyoshiです(^^)

ブログを読んで頂きありがとうございます。

 

昔僕はカーレースをやっていて、

本気でF1を目指していました。

F1とはカーレースの最高峰のレースです。

F1ドライバーには年間で世界で約20人ぐらいしかなれません。

そこまで行くまでにはメチャクチャお金もかかりますし、

危険も伴うし、そこに本気で挑んでいた当時の僕は、

ちょっと痛いヤツでした(^^)

 

そんな当時の僕の人生観を変えたエピソードがあるので、

今回はそれをお話して行きたいと思います。

 

レースをやっていると当たり前ですが、

事故に遭います。

それは空気を吸うように普通の事です。

何度も何度も危険な目に遭いましたが、

僕は全然恐怖は感じませんでした。

死んでもいいとも思っていました。

 

でもある事故が僕のその価値観をガラっと変えました。

 

ある日いつもの様に事故を起こしました。

乗っていたマシンは大破し、

僕は脳震盪を起こして途中の記憶もぶっ飛びました。

体中痛くてこれまで経験した事故の中で一番ヤバイ事故です。

 

でも当時のアホな僕は(今もわりとアホ)

病院も行かずに帰宅してビール飲んで寝ちゃいました。

 

で、その夜中に目が覚めました。

すると急に恐くなって来ました。

 

「あれっオレ死んじゃうんじゃないかな?

寝たらそのまま目が覚めないんじゃないかな?」

 

それまで死ぬことなんて怖くないって

思っていたのに、

いざ自分の中で死ぬかもしれないという状況に置かれた時に、

メチャクチャ恐怖を感じたんです( ゚Д゚)

 

その時初めて

死ぬ事は怖い事なんだ

って確信しました。

 

それから僕は死にたくない、

自分の命を大切にしようと思いました。

 

この経験をする前は死ぬという事をまるで他人事の様に

考えていたんだと思います。

特に若いうちはがすごく遠く感じるんだと思います。

まだまだ先の事って思うんですね。

でもそれはいずれやって来ます。

今の常識から考えると死は避けて通れません。

 

この経験から僕は、

「死は怖いもの」だと言う事を学びました。

自分の命を大切にして、

悔いのない人生を送りたいと強く思いました。

人生観が変わりました。

この経験から、

僕はたまには死について考えてみる事をオススメします。

人生観が変わって行動や様々な事が変わるかもしれませんよ(^^)

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

YouTube動画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です